イオンペイ(iAEON)が9月から開始!早速ダウンロードして使ってみた!

イオンペイは、イオンでの買い物やサービスの支払いがスマホ1台で可能になる、新しい決済サービスです。

2021年9月から配信されたイオンペイアプリ(iAEON)をインストールすることにより、利用可能です。

イオンアプリ(iAEON)は、「イオンペイ」のスマホ決済だけなく、「イオンのトータルアプリ」として「ポイント」「支払い」「コンテンツ」までが一つにになったスマホサービスを目指すアプリです。

この記事では、イオンペイがどんなものか興味津々だった筆者が、イオンペイ(iAEON)をインストールして分かったことや感想をお伝えしますね。

 

AEON Payキャンペーン実施中!(11/5~11/9)

イオンのコード決済AEON Payで支払うと、
対象のイオンモール専門店で 10%オフ
対象のイオン・イオンスタイル直営売り場で WAON POINT 20倍還元
されるキャンペーンが開催されています。

AEON Payには、イオンカードが必須です。
今WEB入会でイオンカードに入会すると、最大11,000 WAONポイント還元されるキャンペーンが実施されています。

 \年会費無料!即日発行OK!/
イオンカードの詳細をチェック!
↑キャンペーン期間:2021年11月5日(金)~2022年1月10日(月)申し込みまで↑

 

イオンペイのしくみ。iAEONアプリが必須!

 

「イオンペイ」は、イオンカードでの支払い・WAON/WAONポイントでの支払いを、スマホを使ってバーコード決済できるようにしたサービスです。

スマホに「イオンペイアプリ(iAEON)」をインストールすることで実現します。

クレジットカードやWAONポイントカードを登録することにより、スマホだけ持って支払いができるようになります。

 

「電子マネーWAON以外の新しいマネーのこと?」

「WAONをチャージするアプリができた?」

と思われるかもしれませんが、従来の支払い方法をアプリを使ってできるようにしたしくみです。

iAEONアプリは、イオンの他のアプリと連携する窓口アプリという面もあります。

 

イオンペイと WAON の違いは?

 

WAON とはイオンが提供する電子マネーそのものです。

WAON 対応のカードなどに予め電子マネーWAONチャージをしておき、チャージした範囲内で支払いに利用します。

 

イオンペイは、クレジットカードやデビットカード、モバイルWAONを登録しておくことで、アプリ(iAEON)でバーコード決済ができるようになる仕組みです。

 

イオンペイはチャージ不要!

 

コード決済は、対応するポイントやマネーをチャージものが多いですが、イオンペイはチャージ不要です。

そもそも、「イオンペイ」というマネーができた訳ではなく、イオンクレジットカードの支払いをアプリ1つでできるようにしているサービスなので、支払いが発生する都度、登録したクレジットカードなどによる支払いが行われます。

一度に使える上限は50,000円です。

iAEONを起動するとバーコードが表示されるので、バーコードをレジで提示して読み取ってもらいます

画像元:イオン公式ページ

イオン銀行口座は直接指定はできないので、イオン銀行から支払いしたい場合はイオンデビットカードを登録します。

筆者は、「イオンペイ」と聞いた時、真っ先にアプリにWAONをイオンカード、イオン銀行などからWAONをチャージするしくみと思い込んでいたのですが異なりました。

ちなみにイオンペイアプリ(iAEON)では、次の支払い方法が登録できます。

  • イオンカード(クレジットカードまたはデビットカード)→「AEON Pay払い」
  • WAON POINTカード
  • モバイルWAON

iAEONアプリ内の「モバイルWAON機能」を使う時は、別でクレジットカードを登録してWAONチャージをします。

オートチャージには対応していません。

WAON POINTカード機能は、WAON POINTの統合ができます。

9月11日よりときめきポイントも廃止されWAONポイントに一本化され、新しいしくみに変わっていくので、アプリの仕様にも今後いろいろな変化があるかもしれませんね。

\即日発行OK!最大11,000ポイント還元実施中!/
イオンカードの詳細を見てみる!
↑2021年11月5日(金)~2022年1月10日(月)申し込みまで↑

イオンペイはいつから使える?

 

イオンペイ(iAEON)は、2021年9月1日(水)から利用できます。

2019年頃から「イオンペイ」が商標登録されたことで「いつから使えるの?」と注目されていました。

小売業界の強力な決済アプリとして今後も目が離せませんね。

 

イオンアプリ(iAEON)をダウンロードしてみた

 

イオンペイアプリであるiAEONは、iPhone、Androidに対応しています。

対応バージョンは次の通りです。

iPhone iOS 11.0以降
Android 5.0以降

アプリを使うためには携帯電話番号の登録が必要です。

ですので、SIMカードがついたスマホで利用する必要があります。

ダウンロードは次より可能です。

iAEON(アイイオン)

iAEON(アイイオン)

イオンスマートテクノロジー株式会社無料posted withアプリーチ

 

設定手順は次の通りです。

  1. ダウンロード
  2. 携帯電話番号登録(携帯電話番号がログインID
  3. SMS認証
  4. ログインパスワードの設定

 

イオンペイが使える店

 

イオン系列の約1,000店舗で利用可能です。

使える事業会社は、

イオン北海道、イオン東北、イオンリテール、イオン九州、イオン琉球、イオンモール、OPA、イオンバイク、イオンリカー、イオンディライト(自動販売機)、まいばすけっと、R.O.U、ミニストップ

です。(2021年12月8日現在)

まいばすけっと、ミニストップは、9月当初は使えませんでしたが、現在使えるようになっています。

使えるお店は増えていっています。

毎日のお買い物が楽になるスーパー系のマックスバリュやダイエーなども、早く使えるようになってほしいですね。

現在対応している店舗はこちら↓です。
イオンペイが使える店舗(公式)

住んでいる地域により、対応しているイオンを検索することができます。

検索結果に出なくても対応している場合があるようです。

また、フードコートでも対応している店とそうでない店がありました。

店頭レジに下記のマークがあれば対応しているので、マークを見つけてからイオンペイ払いをしましょう。

対応する店舗は段階的に増えていくようなので、今後に期待したいです。

 

イオンペイ(iAEON)のメリット

 

イオンペイ(iAEON)を導入するメリットを挙げてみました。

  • スマホ1台でイオンでの支払いができる
  • WAONポイントを一括管理できる
  • お気に入りの店のクーポンやキャンペーン情報がすぐに分かる
  • 複数のイオンサービスを統合できる
  • WAON POINTカード・イオンカードなしで、WAON POINTサービスが利用できる

 

スマホ1つでイオンでの支払いができる

上述のように、イオンペイを導入するとスマホでイオンでの支払いができます

スマホだけ持っていれば、お財布不要でイオンで買い物ができます。

モバイルWAONやイオンiDを使えばおサイフケータイ機能があるスマホなど対応機種ならスマホ決済できましたが、iAEONではOSのバージョンが対応していればすべてのスマホで使えるようになっています。

 

複数枚のイオンカード、WAONカードを一括管理できる

iAEONでは、イオンクレジットカード、デビットカード、モバイルWAON等を最大15枚まで複数登録できるため、WAONポイントの一括管理ができます。

※「イオンカード」は1枚まで

ポイント付与、利用履歴、交換などもアプリ上で可能です。

バラバラだったWAONをアプリ内で合算し、会員コードをレジで提示することでWAONポイントをためる・使うができるようになるのはうれしいですよね。

 

お気に入りの店のクーポンやキャンペーン情報がすぐわかる

iAEONでは、お気に入りの店舗が5店舗登録できます。

近くのイオンで使えるクーポンやキャンペーンの情報がすぐに分かります。

「アイイオン」の名称には、「私の」という意味が込められているとのことですが、私仕様でイオンアプリを使うことができますね。

 

複数のイオンサービスを統合できる

現在、50種類ぐらいあるというイオン系列のアプリをまずは6~7個統合し、順次連携させていくと公式サイトではうたっています。

iAEONを開いてみると、ホーム画面ではさまざまなイオングループのサービスにすぐに遷移できるようになっています。

イオンアプリ(iAEON)入れておくだけで、イオンシネマやイオンウォレットなどにもすぐに接続できますね。

それぞれの専用アプリが複数入っていたにしても、iAEONをスマホのウィジェットのホーム画面に登録しておけば、あとのアプリのアイコンは接続しにくいところに移動してもOKです。

WAON POINTカード・イオンカードなしで、WAON POINTサービスが利用できる

WAON POINTカード・イオンカードを作らなくても、会員バーコードを見せるだけで、WAON POINTがたまります。

キャッシュレス決済をいまいち使う気になれない現金派でも、iAEONアプリを使うと、お気に入り店舗のチェックができると同時にオトクにポイントをためることができます。

初めて利用するには、iAEONアプリ内メニュー「お支払い・ポイント登録」画面の下部「登録する」ボタンより会員登録が必要です。

 

イオンペイ(iAEON)のデメリット・注意点

 

デメリットや注意点を挙げてみました。

  • すべてのイオンで使える訳ではない
  • コード決済の方法が限定的
  • まだ始まったばかりで機能は限定的
  • 登録できる「イオンカード」が1枚のみ
  • 一度の支払い上限は1万円まで

 

すべてのイオンで使える訳ではない

イオンペイ(iAEON)に対応しているイオン系列店舗は約1,000店舗です。

iAEONの機能で、現在地に近いイオンペイが使える店舗を検索してみましたが、対応店がかなり少なく感じました。

スマホだけでちょっと買い物したい、マックスバリュやミニストップなどスーパー系の事業にはまだ導入されていないので、使えるシーンがぐっと減るかもしれません。

リリースしたばかりなのでこれからですね。

 

コード決済の方法が限定的

 

支払いに登録できるのは、イオンクレジットカード、イオンデビットカード、WAON POINTカードになります。

iAEONアプリに現金チャージする、イオン銀行口座を指定する、などはできません。

 

始まったばかりで機能は限定的

現在のところ、iAEONのホーム画面から使えるイオンの関連サービスは、イオンウォレット、イオン銀行、イオンシネマなどごく一部です。

系列店との連携を今後期待したいです。

 

登録できる「イオンカード」は1枚のみ

複数のイオンカードを持っている場合、登録できるのは1枚までという制限があります。

提携カードを含めるとイオンカードはたくさんありますが、「ときめきポイント」がWAONに代わると、統合したいイオンカードが複数枚あっても、WAONの統合管理ができないことになります。(smart WAONを使えば合算できる)

ときめきポイント付与がなくなるタイミングには、複数イオンカードの登録ができるようになってほしいな~と願っています。

一度の支払い上限は1万円まで

イオンペイは、一度の支払い上限が5万円までとなっています。

大きなお買い物をする時には気を付けたいですね。

セルフレジで実際に使ってみた

筆者がセルフレジで実際に使ってみた体験です。

クレカとWAON一体型はクレカのみ登録でOK

上記手順でインストール後、イオンカードを登録しました。

筆者のイオンカードはWAON一体型で、普通のイオンカードからゴールドカードに切り替えた経緯があります。

ゴールドカードのクレジットカード番号を登録すると、

・イオンゴールドカードについているWAON番号
・ゴールドに切り替える前のWAON番号

両方が自動的に登録されていました。

セルフレジで支払ってみた。提示するコードに注意!

有人のレジではなく、セルフレジで支払ってみました。

セルフレジで支払う時には、支払い方法の選択のところで「バーコード」を選択します。

 

iAEONアプリのバーコードの下部に、支払い用に登録したイオンカードが表示されるので、どこから支払われるのか確認しましょう。

バーコードは、スマホのホーム画面上部の「AEON Pay」をタップし、次の画面では「コード支払い」を選択します。

この時、「会員コード」を選択してしまうと「AEON Payで支払えない!」ということになるので注意です。(筆者ははじめ、会員コードを読み取ろうとして失敗しました)

表示されたバーコードを、セルフレジの側面についているバーコード読み取り機を使って読み取ります

無事に支払いが完了し、レシートが出てきました。

AEON Pay払いになっています。

iAEONアプリの「利用履歴」にも「コード支払い」の履歴が残されていました。

利用履歴は、アプリ左上のメニューをタップ、メニュー画面の上の方の利用履歴で確認できます。

モバイルWAONアプリは必要?

iAEONアプリ内でモバイルWAON登録をすると、おサイフケータイ機能でWAON支払いができるようになります。

iAEON内のモバイルWAONと専用のモバイルWAONアプリは、両方インストールしても同じWAON番号が割り振られます。

つまり、両方入れておいても片方だけでも同じおサイフケータイ機能を利用してWAON支払いができ、チャージやポイントの移行も必要ありません。

どちらか一方に統一する場合、iAEONの方が操作が簡単ですが、オートチャージはiAEONのモバイルWAONではできないので注意しましょう。

 

 

 

【終了】イオンペイキャンぺーン実施中!(~2021年11月9日)

現在、イオンのコード決済AEON Payで支払うと、
対象のイオンモール専門店で 10%オフ
対象のイオン・イオンスタイル直営売り場で WAON POINT 20倍還元
されるキャンペーンが開催されています。(2021年11/5~11/9まで)

AEON Payには、イオンカードが必須です。
今WEB入会でイオンカードに入会すると、最大11,000 WAONポイント還元されるキャンペーンが実施されています。

即日どころか5分程度で審査が完了するので、今からの買い物でも間に合います!

 

\年会費無料!最大11,000ポイント還元実施中!/
イオンカードの詳細をチェック!
↑キャンペーンは2022年1月10日まで↑