イオンペイ(iAEON)が9月から開始!早速ダウンロードして使ってみた!

イオンペイは、イオンでの買い物やサービスの支払いがスマホ1台で可能になる、新しい決済サービスです。

2021年9月から配信されたイオンペイアプリ(iAEON)をインストールすることにより、利用可能です。

イオンアプリ(iAEON)は、「イオンペイ」のスマホ決済だけなく、「イオンのトータルアプリ」として「ポイント」「支払い」「コンテンツ」までが一つにになったスマホサービスを目指すアプリです。

この記事では、イオンペイがどんなものか興味津々だった筆者が、イオンペイ(iAEON)をインストールして分かったことや感想をお伝えしますね。

 

イオンカード入会キャンペーン!

イオンでのオトクなお買い物に、イオンカードは必須です!

今イオンカードに入会すると、最大10,000 WAONポイント還元されるキャンペーンが実施されています。
条件は、イオングループ対象店舗での買い物を新規発行したイオンカードで支払うこと。
支払い金額の10%が還元されます!

 \年会費無料!/
イオンカードの詳細をチェック!
↑キャンペーン期間:2021年9月11日(土)~2021年10月10日(日)申し込みまで↑

 

イオンペイは、iAEONアプリが必須

「イオンペイ」は、イオンカードでの支払い・WAON/WAONポイントでの支払いを、スマホを使ってバーコード決済できるようにしたサービスです。

スマホに「イオンペイアプリ(iAEON)」をインストールすることで実現します。

クレジットカードやWAONポイントカードを登録することにより、スマホだけ持って支払いができるようになります。

 

「電子マネーWAON以外の新しいマネーのこと?」

「WAONをチャージするアプリができた?」

と思われるかもしれませんが、従来の支払い方法をアプリを使ってできるようにしたしくみです。

 

iAEONアプリは、イオンの他のアプリと連携する窓口アプリという面もあります。

 

イオンペイはチャージ不要!

 

コード決済は、対応するポイントやマネーをチャージものが多いですが、イオンペイはチャージ不要です。

そもそも、「イオンペイ」というマネーができた訳ではなくイオンクレジットカードやWAONの支払いを、アプリ1つでできるようにしているサービスなので、支払いが発生する都度、登録したクレジットカードなどによる支払いが行われます。

イオンペイアプリ(iAEON)に登録できるのは、

  • イオンカード(クレジットカードまたはデビットカード)
  • WAON POINTカード
  • モバイルWAON

です。

一度に使える上限は50,000円です。

iAEONを起動するとバーコードが表示されるので、バーコードをレジで提示して読み取ってもらいます

イオン銀行口座は直接指定はできないので、イオン銀行から支払いしたい場合はイオンデビットカードを登録します。

 

筆者は、「イオンペイ」と聞いた時、真っ先にアプリにWAONをイオンカード、イオン銀行などからWAONをチャージするしくみと思い込んでいたのですが異なりました。

9月11日よりときめきポイントも廃止されWAONポイントに一本化され、新しいしくみに変わっていくので、アプリの仕様にも今後いろいろな変化があるかもしれませんね。

 

イオンペイはいつから使える?

 

イオンペイ(iAEON)は、2021年9月1日(水)から利用できます。

2019年頃から「イオンペイ」が商標登録されたことで「いつから使えるの?」と注目されていました。

小売業界の強力な決済アプリとして今後も目が離せませんね。

 

イオンアプリ(iAEON)をダウンロードしてみた

 

イオンペイアプリであるiAEONは、iPhone、Androidに対応しています。

対応バージョンは次の通りです。

iPhone iOS 11.0以降
Android 5.0以降

アプリを使うためには携帯電話番号の登録が必要です。

ですので、SIMカードがついたスマホで利用する必要があります。

ダウンロードは次より可能です。

iAEON(アイイオン)

iAEON(アイイオン)

イオンスマートテクノロジー株式会社無料posted withアプリーチ

 

設定手順は次の通りです。

  1. ダウンロード
  2. 携帯電話番号登録(携帯電話番号がログインID
  3. SMS認証
  4. ログインパスワードの設定

 

イオンペイが使える店

 

イオン系列の約1,000店舗で利用可能です。

使える事業会社は、

イオン北海道、イオン東北、イオンリテール、イオン九州、イオン琉球、イオンモール、OPA

です。

現在対応している店舗はこちら↓です。

イオンペイが使える店舗(公式)

筆者がよく利用するイオン系スーパーは未対応でした。

段階的に増えていくようなので、今後に期待したいです。

 

イオンペイ(iAEON)のメリット

 

イオンペイ(iAEON)を導入するメリットを挙げてみました。

  • スマホ1台でイオンでの支払いができる
  • WAONポイントを一括管理できる
  • お気に入りの店のクーポンやキャンペーン情報がすぐに分かる
  • 複数のイオンサービスを統合できる

 

スマホ1つでイオンでの支払いができる

上述のように、イオンペイを導入するとスマホでイオンでの支払いができます

スマホだけ持っていれば、お財布不要でイオンで買い物ができます。

モバイルWAONを使えばおサイフケータイ機能があるスマホならスマホ決済できましたが、iAEONではiPhoneでもスマホ決済ができるようになりました。

 

複数枚のイオンカード、WAONカードを一括管理できる

iAEONでは、イオンクレジットカード、デビットカード、モバイルWAON等を最大15枚まで複数登録できるため、WAONポイントの一括管理ができます。

※「イオンカード」は1枚まで

ポイント付与、利用履歴、交換などもアプリ上で可能です。

バラバラだったWAONをアプリ内で合算し、会員コードをレジで提示することでWAONポイントをためる・使うができるようになるのはうれしいですよね。

 

お気に入りの店のクーポンやキャンペーン情報がすぐわかる

iAEONでは、お気に入りの店舗が5店舗登録できます。

近くのイオンで使えるクーポンやキャンペーンの情報がすぐに分かります。

「アイイオン」の名称には、「私の」という意味が込められているとのことですが、私仕様でイオンアプリを使うことができますね。

 

複数のイオンサービスを統合できる

現在、50種類ぐらいあるというイオン系列のアプリをまずは6~7個統合し、順次連携させていくと公式サイトではうたっています。

iAEONを開いてみると、ホーム画面ではさまざまなイオングループのサービスにすぐに遷移できるようになっています。

イオンアプリ(iAEON)入れておくだけで、イオンシネマやイオンウォレットなどにもすぐに接続できますね。

それぞれの専用アプリが複数入っていたにしても、iAEONをスマホのウィジェットのホーム画面に登録しておけば、あとのアプリのアイコンは接続しにくいところに移動してもOKです。

 

イオンペイ(iAEON)のデメリット・注意点

 

デメリットを挙げてみました。

  • すべてのイオンで使える訳ではない
  • コード決済の方法が限定的
  • まだ始まったばかりで機能は限定的
  • 登録できる「イオンカード」が1枚のみ

 

すべてのイオンで使える訳ではない

イオンペイ(iAEON)に対応しているイオン系列店舗は約1,000店舗です。

iAEONの機能で、現在地に近いイオンペイが使える店舗を検索してみましたが、対応店がかなり少なく感じました。

スマホだけでちょっと買い物したい、マックスバリュやミニストップなどスーパー系の事業にはまだ導入されていないので、使えるシーンがぐっと減るかもしれません。

リリースしたばかりなのでこれからですね。

 

コード決済の方法が限定的

 

支払いに登録できるのは、イオンクレジットカード、イオンデビットカード、WAON POINTカードになります。

iAEONアプリに現金チャージする、イオン銀行口座を指定する、などはできません。

 

始まったばかりで機能は限定的

現在のところ、iAEONのホーム画面から使えるイオンの関連サービスは、イオンウォレット、イオン銀行、イオンシネマなどごく一部です。

系列店との連携を今後期待したいです。

 

登録できる「イオンカード」は1枚のみ

複数のイオンカードを持っている場合、登録できるのは1枚までという制限があります。

提携カードを含めるとイオンカードはたくさんありますが、「ときめきポイント」がWAONに代わると、統合したいイオンカードが複数枚あっても、WAONの統合管理ができないことになります。(smart WAONを使えば合算できる)

ときめきポイント付与がなくなるタイミングには、複数イオンカードの登録ができるようになってほしいな~と願っています。

 

実際に使ってみた

筆者が実際に使ってみた体験です。

クレカとWAON一体型はクレカのみ登録でOK

上記手順でインストール後、イオンカードを登録しました。

筆者のイオンカードは、WAON一体型です。また、途中でゴールドカードに切り替えています。

ゴールドカードのクレジットカード番号を登録すると、

イオンゴールドカードについているWAON番号

ゴールドに切り替える前のWAON番号

も自動的に登録されていました。

セルフレジで支払ってみた。提示するコードに注意!

有人のレジではなく、セルフレジで支払ってみました。

セルフレジで支払う時には、支払い方法の選択のところで「バーコード」を選択します。

 

iAEONアプリのバーコードの下部に、支払い用に登録したイオンカードが表示されるので、どこから支払われるのか確認しましょう。

バーコードは、スマホのホーム画面上部の「AEON Pay」をタップし、次の画面では「コード支払い」を選択します。

この時、「会員コード」を選択してしまうと「AEON Payで支払えない!」ということになるので注意です。(筆者ははじめ、会員コードを読み取ろうとして失敗しました)

表示されたバーコードを、セルフレジの側面についているバーコード読み取り機を使って読み取ります

無事に支払いが完了し、レシートが出てきました。

AEON Pay払いになっています。

iAEONアプリの「利用履歴」にも「コード支払い」の履歴が残されていました。

 

 

\年会費無料!10%ポイント還元実施中!/
イオンカードの詳細をチェック!
↑キャンペーンは2021年10月10日まで↑