イオンiDとは?メリット・デメリットを解説!

イオンの電子マネーといえばWAONですが、「イオンiD」というものがあります。

WAONと何が違う?
普通のiDと何が違う?
使うと何かオトクなの?

と思いますよね。

この記事では、「イオンiD」とは何かや、そのメリット・デメリット、使い方を解説していきます。

 



 

「イオンiD」とは?

 

イオンiDとは、スマホのおさいふケータイ機能を利用し、電子マネーiDで支払いができるサービスです。

ポイントをまとめると、

  • スマホのおサイフケータイ機能を利用した支払
  • 使った分は、イオンクレジットカードから支払われる
  • たまるポイントはときめきポイント。WAONポイントではない

ということが挙げられます。

以下、ポイントを簡単に解説します。

スマホのおサイフケータイ機能を利用

 

イオンiDでは、スマホのおサイフケータイ機能を利用します。

WAONで支払をする時に、お店のカードリーダーを「WAON」か「ID」か「QUICKPay」かのブランド選択の違いと思ってしまうかもしれませんが、イオンカードをかざしてiD払いをする方法ではありません。

 

支払いは、イオンカードから

 

支払いは、イオンカード(クレジットカード)から行われます。

iDはポストペイのサービスなので、使った分がイオンカードより請求されます。

イオンのクレジットカードがスマホに入っているイメージですね。

 

たまるポイントはときめきポイント

 

イオンiDを使うと、支払いはイオンカード(クレジットカード)請求になるので、たまるポイントはときめきポイントとなります。

WAONポイントはたまならいので注意しましょう。

 

イオンiDのメリット

 

イオンiDで支払をすると、次のようなメリットがあります。

 

スマホだけで支払ができる

 

イオンiDを使うと、イオンクレジットカードを持たなくてもスマホだけでお買い物に行けます。

クレジットカードでの支払は、読み取りのためスワイプさせるの手間ですよね。

 

イオンiDだと「おサイフケータイ機能」をつかうので、スマホかざすだけ、アプリを起動しなくても支払うことができます。

少額の買い物でも手間を感じません。

 

セキュリティが心配ですが、設定時にパスコードや生体認証など認証を強化する選択ができるので、スマホを落とした時でも不正に使われにくくなります。

 

イオンモール内の専門店でのお買い物は、10日、20日、30日はポイント5倍になります。

また、イオンクレジットカードで支払うことになるので、毎月10日にはイオン以外でのお買い物でもポイントが2倍たまります。

 

iD決済で電子マネー支払手段が増える

 

電子マネーは、少額のものでも小銭を支払わずに決済が済むので便利です。

イオンiDを持つことで支払方法が増え、イオン以外の店舗などで、WAONに対応していないお店でも電子マネー支払いができるようになります。

 

「iDは作りたかったけど、支払いはWAONもiDもすべてイオンのクレジットカードでまとめたい」

という場合に最適です。

 

ポストペイなので、お金が効率的に使える

 

WAONは、事前に決まった金額をチャージするプリペイド方式ですが、iDは使った分だけ請求がくるポストペイ方式です。

預金残高が気になる時、イオンiDを使えば必要な分・使った分だけの請求になるので、効率的にお金が使えます。

 

使用明細管理ができる

 

クレジットカードの明細で家計を管理しているなら、イオンiDで支払った方が管理がラクです。

 

電子マネーWAONの場合は、チャージした金額の明細が出て、購入した商品の内訳までは出ません。

イオンiD決済にするとクレジットカードの明細に細かく明細が表示されるので、家計管理の面からもありがたいです。

 

ポイントの利用途が増える

 

イオンiDでたまる「ときめきポイント」は、還元率の高いポイントモールのときめきポイントと合算もできるので、ほしい商品をポイントを使って割安で購入することもできます。

また、イオンiDを使ってたまったときめきポイントは、ポイントモール限定商品の他、WAON、Suica、dポイント、JALマイルなどのポイントとも交換でき、汎用性が高くなります。

 

イオンiDのデメリット

 

よいことずくめで、「WAON」より「イオンiD」を使いたくなりそうですが、デメリットもあります。

対応機種が限られる

 

イオンiDは、「おサイフケータイ」機能が搭載されたスマホでないと使えません。

また、「おサイフケータイ」機能対応機種だったとしても、使えない端末もあります。

もう1つの要件として、ドコモの「iDアプリ」が使える機種である必要があります。

iDはドコモが展開するサービスなので、ドコモの機種には幅広く対応しています。

iDアプリが使える機種

 

イオンiDを申し込む時には、使っている機種がiDアプリに対応しているか調べてからにしましょう。

iDアプリ対応機種でない場合も、iDアプリのインストールまではできてしまいます。インストール後に使えるかどうかまで確認しましょう。

 

WAONはたまらない

 

ときめきポイントがたまる裏返しになりますが、イオンiDを使うとWAONをためることはできません。

たまったWAONを食料や日用品の支払いメインで使っている場合は、ときめきポイントをためて後からWAONに交換できますが、その分手間がかかってしまいます。

また、WAON払いでWAONボーナスがもらえる商品がある時は、WAONを使った方がオトクですね。

 

イオンiDの始め方

 

イオンiDは、思い立ったらすぐに使える訳ではないので、余裕を持って手続きをしましょう。

 

前提条件

 

  • おサイフケータイ機能がある端末を持っている
  • 端末は、iDアプリが使える機種である
  • 対象のイオンカードを持っている

前述のように、イオンiDを使うには、「おサイフケータイ」機能がつき、「iDアプリ」も使える機種である必要があります。

持っている端末が対応機種かどうか調べてみましょう。

iDアプリ対応端末

 

また、イオンiDが使える対象のイオンカードは次の通りです。

イオンカード、イオンSuicaカード、イオンETC一体型カード、イオンゴールドカード、名城イオンカード、タルボットイオンカード、緑の募金イオンカード、イオンサンデーカード、イオンJMBカード(JMB WAON一体型)、イオンルネサンスカード、イオンsaQwaカードイ、オンスマートペイカード、イオンカードセレクト、イオンカード(WAON一体型)、イオンカード(G.Gマーク付き)、イオン首都高カード(WAON一体型)、イオンTHRUWAYカード(WAON一体型)、イオンE-NEXCO passカード(WAON一体型)、イオンNEXCO中日本カード(WAON一体型)、イオンカード Kitaca、イオンSUGOCAカード、三菱商事エネルギー・イオンカード、ベネッセ・イオンカード(WAON一体型)より、そう、ちから。東北電力カード(WAON一体型)、コジマ×ビックカメラカード(コジマポイントカード・WAON一体型)、イオンカード(ミニオンズ)、イオンカード(TGCデザイン)、KASUMIカード、イオンNEXCO西日本カード(WAON一体型)、イオンカード(SKE48)、イオンカード(欅坂46)、マルエツカード、住友不動産 ショッピングシティイオンカード、スポーツオーソリティカード

※VISA・JCB・Mastercardブランドのついていないクレジットカードは利用できない
※銀行キャッシュカード一体型は含まない

公式ページ

 

始め方

 

  1. イオンiDを申し込む
  2. iDアプリをダウンロードする
  3. カード情報を入力する

 

イオンiDを申し込む

暮らしのマネーサイト」よりイオンスクエアIDでログインします。

イオンウォレットアプリからでも接続できます。

イオンウォレットアプリでは、

左上のメニューよりメニューを表示>イオンiD設定

で申込みができます。

申込みをすると審査があります。
審査に通ると「アクセスコード」が発行されます。

現在はメールでアクセスコードは送付されず、郵送で案内書が届きます。

郵送で1週間~10日程度かかります。

iDアプリの設定をする

iDアプリをダウンロードします。

ドコモ機種はiDアプリが初めからインストールされているので新たなダウンロードは不要です。

以下、設定内容です。

・郵送されたアクセスコード入力
・イオンiD申込み時に設定したユーザ認証用の暗証番号入力
・カード情報を入力する
・iDを利用するためのパスワード設定(数字4字)

参考:公式ページ

 

まとめ

 

イオンiDを使うと、イオンでの支払やイオンカードでの支払いがより便利になります。

対応機種をお使いなら、検討してみてはいかがでしょうか。