コンビニ振込票の支払いをキャッシュレスで行う方法|クレカ・電子マネー・ペイ払い

普段からクレジットカードや電子マネーなどのキャッシュレス決済をしていても、たまにコンビニ「振込票」での支払いが発生する時はありませんか?

手元に現金がない場合、銀行に行って引き出すのは手間ですよね。

 

いつも使っているクレカや電子マネーが支払いに使えれば、支出の管理に便利ですし、ポイントの還元も期待できます。

今回は、コンビニ振込票での支払いをクレジットカードや電子マネーなどキャッシュレス決済でできるかどうか調べてまとめてみました。

 

 

クレジットカードは原則使えない。ファミマTカードだけ例外

 

コンビニで「振込票」での支払いをする場合、原則的にクレジットカードは使用できません。

ただし、ファミリーマートでファミマTカードを使う場合のみ、クレジットカード決済が可能です。

 

ファミマTカードを持っているなら、ファミリーマートで振込票の支払いを行いましょう。

 

電子マネーでの支払いはセブンイレブンでのnanaco一択。nanacoチャージでクレカでの間接決済が可能

 

コンビニでの振込票の支払いを、電子マネーでできるかについては、セブンイレブンで電子マネーnanacoを使う場合のみ可能です。

 

nanacoへのチャージをクレジットカードで行うので、間接的にクレジットカード決済ができます。

nanacoにクレジットチャージできるカードは次の通りです。

 

  • セブンカード・プラス(一体型・紐付型)
  • セブンカード・プラス(ゴールド)
  • セブンカード、セブンカード(ゴールド)
  • クラブ・オン/ミレニアムカードセゾン
  • JCBカード
  • セゾンカード
  • UCカード
  • 三井住友VISAカード
  • ジャックスカード
  • MUFGカード
  • DCカード
  • UFJカード
  • NICOSカード
  • Cedynaカード
  • OMCカード
  • ライフカード
  • オリコカード
  • アプラスカード
  • ヤフーカード
  • ゆうちょ銀行カード
  • NTTグループカード

※一部対象外あり

 

同じセブンイレブングループのセブンカードを筆頭に、幅広いクレジットカードに対応しています。

お手持ちのクレジットカードで支払いできる可能性大です。

 

ただし、ポイント還元できるカードとできないカードがあります。

ポイント還元を狙うのであれば、お手持ちのクレジットカードからのnanacoチャージがポイント還元されているか確認してくださいね。

 






セブンカード/セブンカードプラスならオートチャージも可能

 

セブンカードまたはセブンカードプラスを持っているなら、オートチャージも可能です。

オトクなのはセブンカード・プラスで、セブンカード・プラスからのクレジットチャージで200円ごとに1nanacoポイントが還元されます。

 

支払いの度に都度チャージするのは手間なので、コンビニ支払票で支払う機会が多いなら、セブンカードプラスを1枚作っておくと便利ですね。

 

nanacoカードまたはnanacoモバイル(アプリ)からクレジットチャージする方法

 

電子マネーnanacoを使ったことがない場合は、

  • nanacoカードを購入する(発行手数料300円)
  • nanacoモバイルをインストールする

方法でnanacoを使う環境を整えます。

 

nanacoカードは年会費無料ですが、発行手数料300円がかかります。

nanacoアプリであれば、無料でインストールできます。

 

nanacoカード、nanacoモバイルからクレジットカードチャージするためには、nanaco会員画面にて、クレジットカードを登録する必要があります。

 

クレカ登録には、nanacoの新規入会手続きが必要となります。

データ反映のため、クレジットカード登録ができるのは、

  • nanacoモバイルの場合は4日後
  • nanacoカードの場合は10日後

となります。




ミニストップでのWAON決済代行は、サービス終了している

 

nanaco以外の選択肢として、ミニストップでWAON(ワオン)決済をするという方法がありましたが、2019年11月17日をもって、決済代行サービスが終了していました。

 

更に前の話になりますが、かつてEdyで収納代行サービスによる支払いが可能な時期がありました。(2008年より中止)

 

収納代行サービスは、コンビニにとってはメリットはありません

 

そのように考えると、nanacoの決済代行サービスはありがたい存在です。

 

 

PayPay、LINE Payでの振込票支払いは、コンビニすら行く必要がない

 

コンビニでの支払票での支払いに変わって今後増えてくると思われるのが、スマホでのPayPay、LINE PayなどのQRコード決済です。

実際に、公共料金やネット通販の「支払票」での決済が、PayPayやLINE Payで可能になっています。

順次、支払い対象が増えているので、この機会にPayPayやLINE Payでの支払いを検討してみてはいかがでしょうか。

 

PayPayでの支払い方法

 

①PayPayアプリのホーム画面にある「スキャン」をタップ

②払込票のバーコードを読み取る

③支払い金額を確認し「支払い」をタップ

PayPay公式ページ

 

PayPayでの支払い対象

 

東京電力、東京ガス、関西電力、大阪ガスなどの公共料金や税金の支払いに対応しています。

 

対応機関の詳細はこちら

 

LINE Payでの支払い方法

 

①「ウォレット」内の残高をタップ

②「請求書支払い」をタップ

③内容を読んで「次へ」をタップ

④請求内容を確認して「決済」をタップ

⑤「支払いを行う」をタップ

⑥パスワードを入力する

 

LINE Pay公式ページ

 


LINE Payでの支払い対象

 

東京電力、東京ガス、関西電力などの公共料金や税金の支払い、GMO後払い、NP後払い、通販会社の一部に対応しています。

 

対応機関の詳細はこちら




領収書・納税証明書がほしい場合はご注意を!

 

PayPayやLINE Payで支払票で支払いをした場合、領収書・納税証明書は発行されません

家計管理、確定申告などで紙での領収書や納税証明書がほしい場合は、支払い先に領収書を発行して貰う必要があります。

 

また、PayPay、LINE Payの支払い完了画面と手持ちの請求書(払込票)で証明書として有効になる場合があるので、税務署に相談してみましょう。

 

PayPay公式ページより

 

 

まとめ

 

クレジットカード、電子マネーでの支払いは、クレジットカード決済ならファミリーマート、nanaco決済ならセブンイレブンと、支払いできる店舗が限られています。

しかし、店舗に行きさえすればすべての「支払票」を決済できるので、ファミリーマート、セブンイレブンが家や職場の近くにあれば、ぜひ利用したいですね。

 

一方コンビニに行く必要のない、PayPayやLINE Payのスマホ決済は、Payアプリを導入していれば支払いは楽ですが、対応している支払先が限られます。

 

環境に合わせて、オトクで楽な支払い方法を選択してみてくださいね。