注目キーワード

nanacoアプリは使えない?アイフォン不可、チャージ上限など制限まとめ

電子マネーnanacoは、セブンイレブンやイトーヨーカドーをはじめ、いろいろなシーンでキャッシュレス決済できて便利ですよね。

振込票払いをキャッシュレス決済したくて、はじめてnanacoアプリ(nanacoモバイル)払いしましたが、nanacoアプリを使用するにはいろいろ制限があることに気付きました。

今回は、nanacoアプリ(nanacoモバイル)の導入前に知っておくとよい制限事項・注意点をまとめてみました。

nanacoアプリの制限事項・デメリットや注意点

1.アイフォン(iPhone)では使えない。使えるのはアンドロイド(Android)端末のみ

残念なことに、nanacoアプリは、アイフォン(iPhone)では使えません。
iOS搭載のアイパッド(iPad)をはじめ、アップル(Apple)製品に対応する可能性は低いと考えられます。

2.おサイフケータイ機能のあるスマホでしか使えない

nanacoアプリは、おサイフケータイ機能を使って決済をします。

おサイフケータイは、スマホに埋め込まれているICチップを利用した電子決済です。具体的には、ソニーの提供するFeliCaという非接触ICカード技術方式が使われています。

このため、おサイフケータイ機能がついているFelicaが搭載アンドロイド端末のみが、nanacoアプリの対象となります

最新アンドロイド機種であれば、ほぼおサイフケータイはついています。

現在は、FeliCa搭載のSIMフリー格安スマホも増えてきているので、スマホ代を抑えながらnanacoモバイル決済ができる選択肢は増えてますね。

対応機種はこちらです。

対応機種なら、おサイフケータイは予めインストールされている状態なので、nanacoアプリのインストール&設定のみで、使えるようになります。

機種変更時に注意が必要。nanaco番号は引き継がれない。

新しいスマホがおサイフケータイに対応していることが大前提です。

その上で、手続きにも注意が必要です。

機種変更時に、古いスマホのnanacoアプリより、引き継ぎ用の番号を取得しておく必要があります。

また、新しいスマホに引き継いだ時、マネー残高は移行できるものの、nanaco番号自体は新しい番号に変わってしまいます。

nanaco番号を支払い設定やポイント付与をしている利用サービスがある場合も要注意です。nanaco番号が変わってしまうため、ポイントが受け取れないなどの場合があります。

各サービスでnanaco番号の変更も忘れずに行いましょう。

また、新しいスマホでおサイフケータイ機能が不安定など不具合が起こる可能性もあるので、余裕をもったチャージ・支払いをしたいですね。

カードとモバイルは連携しない

nanacoモバイル(アプリ)をインストールと、新しいnanaco番号が割り振られます。

既に持っているnanaco番号を入力するような画面は現れません。

nanacoカードとnanacoモバイルは、全く別物となります。

手持ちのnanacoカードを、モバイル管理する用途では使えないので注意です。

ですので、複数のnanaco番号の統合、アプリからカードへの移行、カードからアプリへの移行もできないので、注意しましょう。

5クレジットチャージでして使えるようになるまで時間がかかる

nanacoアプリでは、インストールした即日にクレジットカードチャージによる決済はできません。

まず、nanacoモバイルをインストールして新規入会してから4日後の6:00以降でないと、クレジットカードの事前登録ができません。

機種変更の場合も、同様です。

更に、クレジットカード番号の事前登録してから、24時間経過後にクレジットチャージが利用できるようになります。

トータルすると、アプリをインストールしてから、クレジットチャージをして使えるようになるまで5日かかることになります。

使いたい場合は、早め早めの準備が必要ですね。

nanacoアプリのメリット~制限をクリアすればやっぱり超便利!

nanacoアプリ(nanacoモバイル)には、nanacoカードにない次のようなメリットがあります。

発行手数料が無料

nanacoカードを発行する時には、手数料が300円かかりますが、nanacoモバイルは無料で使えます。

また、お店での書類記入が必要なく、自宅でインストール・登録できるので簡単です。

おサイフ内のカードを減らせる!カード忘れもなし

いろいろなクレジットカード・ポイントカードを持ちすぎて、お財布の中がパンパン、支払い時にすぐに探せないということはありませんか?

nanacoアプリを利用すれば、nanacoカードを携帯しなくて済み、お財布も軽くなります。

バーコード決済より簡単

nanacoアプリでの決済は楽です。お店のFelicaマークにかざすだけ。 触れなくても、スマホの電源が切ってあっても決済ができます。

おサイフケータイと連携しているアプリだからですね。

スマホ決済というと、PayPayなどのバーコード決済を思い浮かべてしまうかもしれませんが、都度アプリを起動してバーコードを表示しなくても決済ができてしまうので便利です。

クレジットチャージがnanacoカードより早くできる

nanacoカードの場合は、入会からクレジットカードの事前登録が可能になるのは、10日後です。nanacoアプリであれば、4日後に可能になります。

センターお預かり分を店舗に行かなくても反映できる

nanacoカードの場合、チャージした後に「センターお預かり分」になるマネーは、セブンイレブンのATMや店頭レジで「残高確認」する必要があります。

nanacoアプリだと、アプリ内で「残高確認」をするだけで、センターお預かりになっているマネー残高をnanacoに移すことができます。

nanacoポイントを店舗に行かなくても電子マネーに交換できる

nanacoカードの場合だと、店頭レジにて「ポイントを電子マネーに交換したい」旨をいう必要がありますが、nanacoモバイルの場合は、アプリ上で交換できます。

nanacoポイントの有効期限間近に、あたふた店頭に行かなくて済むのはありがたいですね。

残高履歴・取引履歴の簡単ができる

nanacoアプリだったら、残高履歴や取引履歴が簡単に確認できます。

家計を把握する上で便利ですね。

nanacoのチャージ上限を、カードとの併用でカバーできる

公共料金や税金など、振込票を使っての支払いにnanacoを使う時、nanacoにはチャージの回数制限・金額の上限があるため、上限を超えた支払いを1つのnanacoで完結することができません。

ただし、nanacoを複数枚使って行うことができます。

nanacoアプリを使えば、nanacoによる支払い源を1つ増やせるので、支払える金額も増やすことができます。

通常であればクレジットカード1枚につきnanacoカードは1枚しかチャージできませんが、nanacoアプリ1台とnanacoカード1枚を同じクレジットカードからチャージできます。

無料で増やせるので、300円を支払ってセブンの店頭で購入したり、イトーヨーカドーのハッピーデーを待つ必要がないので、お手持ちのスマホがおサイフケータイ対応なら、nanaco導入のアプリはオススメです。