注目キーワード

福利厚生倶楽部(リロクラブ)は退職後に使えない!?同じサービスを受ける3つの方法

  • 2020年1月30日
  • 2020年3月26日
  • 生活

お勤めの企業などで「福利厚生倶楽部」または「リロクラブ」の福利厚生サービスを使われている場合、退職後も使えるのかどうか気になりますよね。

今回は、リロクラブに加入している企業や法人などを退職する時に気になることや、今後同様のサービスを受ける方法についてまとめてみました。

 

 

福利厚生倶楽部(リロクラブ)は、退職後は使えない

 

福利厚生倶楽部(リロクラブ)は、企業・法人の従業員に対する福利厚生サービスです。退職と同時にリロクラブも退会となります。

 

企業・法人によっては「カフェテリアプラン」に加入し、従業員に各種サービスが使える「ポイント」を付与していることもあります。この「ポイント」についても、退職日をもって使えなくなります。

 

退職日付近で会員特典やポイントを使いたい場合、使う予定のサービスによって、支払いの請求日が異なるので注意しましょう。

 

また、在職中に取得したチケットなども退職時に返却になるので、注意が必要です。


「使った日」が予約した日やチケットを発行した日でなく、利用した日に、「使った」としてみなされることがありますが、その場合は後から請求が来ることが考えられます。




退職後も使うことができる3つ方法

今まで勤めていた企業・法人が加入する、福利厚生倶楽部の会員としては、サービスを利用できなくなりますが、同様のサービスを受けることは可能です。

その3つの方法をご紹介します。

「ふろむな倶楽部」に入会する

 

ふろむな倶楽部は、福利厚生倶楽部(リロクラブ)の元会員を対象とした、同様のサービスが利用できる福利厚生サービスです。

 

福利厚生倶楽部を利用していれば、退職時に「ふろむな倶楽部」の入会案内が届く可能性が高いです。
リロクラブのシニア層をターゲットにした戦略の一環であるからです。

 

福利厚生倶楽部を採用している企業にとっても、退職者を自社サービスのユーザーとして囲いこみたいニーズもあり、それぞれがメリットを享受できるというしくみです。

 

私が確認できた範囲では、スタンダード会員の会費は永年無料です。(VIP会員は有料)退職手続きの流れで入会すれば、スムーズに今までと同様のサービスが受けられますね。

 

「クラブオフ」が利用できるサービスを申し込む

福利厚生倶楽部(リロクラブ)サービスが展開されているのは、企業・法人の福利厚生サービスだけではありません。

 

「クラブオフ」サービスとして、顧客満足度を上げるための付加価値サービスとしても提供されています。

 

比較的作りやすいのは、クレジットカードを作成やFX口座などの開設です。

 

退職後の生活に向けて、生命保険・損害保険に加入したり、インターネット環境を整えるためにプロバイダ回線を見直す予定がある場合は、クラブオフも使えるサービスかどうかも含めて検討してもよいかもしれません。

 

関連記事

会員ならば、国内外の約200,000ヶ所以上の対象施設を、特別優待料金で利用できる福利厚生サービス「クラブオフ」。企業の福利厚生やユーザー満足度向上のために多くの企業やサービスで利用されています。クラブオ[…]

 

↓↓年会費無料でリロクラブサービスが利用できるカードがキャンペーン開催中!↓↓

 

株式を購入して株主優待を受ける

「福利厚生倶楽部」「クラブオフ」と同様のサービスは、福利厚生・顧客満足度向上以外に、株主向けの付加価値サービスとしても利用されています。

 

サービスを提供しているリログループをはじめとして、いくつかの企業が、株主向けに「クラブオフ」サービスを提供しています。

 

提供している会社は、筆者が確認できているもので次の通りです。

  • 株式会社リログループ
  • 菱洋エレクトロ株式会社
  • マクニカ富士エレホールディングス株式会社
  • 株式会社アドバンスクリエイト

サービス内容は「福利厚生倶楽部」「クラブオフ」と同様のラインナップです。

 

クラブオフサービスが使えるようになるための必要金額は、株価・株式の購入単位によって異なります。

 

また、VIP会員になるための要件も異なりますので、一緒に提供される他の優待内容と合わせて比較してみてください。

 

参考までに、リログループ株主優待によるクラブオフ利用の要件をご紹介します。

リログループの株主優待の場合

スタンダード会員

  • 購入株数:100株以上
  • 購入金額:24~33万円
      ※2019年の株価の高値・安値で計算
       3,240円(高値)×100株=324,000
       2,421円(安値)×100株=242,100

VIP会員

  • 購入株数:1,000株以上
  • 購入金額:240~330万円
       ※2019年の株価の高値・安値で計算
    3,240円(高値)×1,000株=3 , 240 , 000
    2,421円(安値)×1,000株=2 , 421 , 000
  • 1,000株以上を3年以上継続して保有した場合、3年毎に1万円の宿泊補助件がつく

 




各サービス毎の違いには注意!

福利厚生倶楽部、ふろむな倶楽部、クラブオフのサービス内容はほとんど同じです。

しかし、それぞれの提携内容によって微妙に提供サービスが異なっている場合があります

 

例えば、TOHOシネマズの映画割引サービスは、福利厚生倶楽部にはありますが、ふろむな倶楽部・クラブオフにはありません

同じクラブオフでも、アメックスクラブオフにしかない宿泊プランなどがあったりします。

 

別のリロクラブ/クラブオフでも使いたいお気に入りのサービスがある場合は、事前にこれから使いたいリロクラブ/クラブオフサービスでも使えるかどうか、確認することをオススメします。

 

各サービスの内容は、「クラブオフ JCB」などのように、「リロクラブサービス名 提携サービス名」で検索をすると、各提携サービスのページが表示され、ログインしなくても閲覧が可能です。

 

確認用に、ページのリンクをいくつか掲載しましたので、よろしければご参考ください。

 

まとめ

 

働きながらだと、せっかくの福利厚生倶楽部のサービスを、思う存分活用できなかったのではないでしょうか。

 

退職後は、時間に余裕ができる反面、金銭的な制約が出てくるかもしれません。

 

リロクラブの福利厚生倶楽部に代わるクラブオフのサービスで、かかる費用を節約しながら、退職後の生活やレジャーを楽しみたいですね。

 

↓↓年会費無料でリロクラブサービスが利用できるカードがキャンペーン開催中!↓↓