スギ薬局はLINE PayもWAONも使える!お得なキャッシュレス支払いまとめ

NO IMAGE

スギ薬局は、愛知県発祥のドラッグストアチェーン店です。

スギ薬局では、LINE Payなどのコード決済、WAONなどの電子マネー決済を含むさまざまなキャッシュレス手段が利用できます。

 

この記事では、スギ薬局で使えるキャッシュレス手段・お得な支払方法について解説していきます。

スギ薬局で使えるキャッシュレス支払方法

※店舗により異なります。

コード決済d払い/au Pay/楽天Pay/PayPay/LINEPay/メルペイ
/ファミペイ/クオカードペイ/J-Coin Pay/ゆうちょPay/Alipay/WeChat Pay/ジェイコペイ/Naver Pay
電子マネー楽天Edy/iD/QUICKPay/WAON/nanaco
交通系電子マネーSuica/PASMO/Kitaca/toica/manaca/ICOCA/SUGOCA/nimoca/はやかけん
PiTaPaには対応していない
クレジットカードJCB/VISA/Master Card/AMEX/Diners/銀聯

スギグループカードがおすすめ(ポイントがプラス1倍に)

たまる・使えるポイントスギポイント 100円で1ポイント(1ポイント=1円相当)還元率1%
スギポイントを買い物では使えない
ANAマイルとの交換可(500ポイント→100マイル)
商品券・ギフト券スギ薬局商品券、株主優待券、クレジットカードギフトカード(三菱UFJニコス/JCB/VJA/VISA/UC)
ビール券、清酒券、おこめ券、おこめギフト券、ハーゲンダッツギフト券、ビヒダスプレーンヨーグルト引換券、るぷるポイント券、キャンドゥ株主優待券
※スギ薬局商品券、株主優待券、クレジットカードギフトカード以外は取り扱い店舗のみ

参照 スギ薬局公式ページ

 

スギ薬局で使えるキャッシュレス支払方法

 

コード決済に幅広く対応

 

スギ薬局では、コード決済に幅広く対応しています。

対応しているコード決済は次の通りです。

d払い/au Pay/楽天Pay/PayPay/LINEPay/メルペイ
/ファミペイ/クオカードペイ/J-Coin Pay/ゆうちょPay/Alipay/WeChat Pay/ジェイコペイ/Naver Pay

その時に還元率の高いコード決済が選び放題です。キャンペーンをうまく活用したいですね。

 

電子マネーに幅広く対応

 

スギ薬局では、一般的な商業電子マネー、交通系電子マネーに対応しています。

商業系電子マネー
楽天Edy/iD/QUICKPay/WAON/nanaco交通系電子マネー
Suica/PASMO/Kitaca/toica/manaca/ICOCA/SUGOCA/nimoca/はやかけん
PiTaPaには対応していない

いつも使っている電子マネーがそのまま使えるので便利ですね。

 

スギ薬局ではクレジットカードが使える。

スギ薬局では、よく使われている次の国際ブランドのクレジットカードが使えます。

JCB/VISA/Master Card/AMEX/Diners/銀聯

手持ちのこれらのクレジットカードで決済できますが、スギ薬局をよく使われるなら、スギグループカードを作るのがおすすめです。

スギグループカードについては後述します。

 

スギ薬局で使える商品券・ギフト券

 

スギ薬局では、各種商品券・ギフト券が使えます。

スギ薬局商品券、株主優待券、クレジットカードギフトカード(三菱UFJニコス/JCB/VJA/VISA/UC)
ビール券、清酒券、おこめ券、おこめギフト券、ハーゲンダッツギフト券、ビヒダスプレーンヨーグルト引換券、るぷるポイント券、キャンドゥ株主優待券

ビール券、おこめ券などの商品引換券は、商品が置いてあるお店でしか交換できないので注意しましょう。

るぷるポイント券とは、トヨタ自動車健康保険組合が発行するポイントです。さすが東海地方が基盤のスギ薬局です。

キャンドゥ株主優待券も、キャンドゥが併設しているスギ薬局の店舗が対象です。

 

スギ薬局でお得に買い物をする方法

 

スギ薬局では、ポイントカードやクーポン・アプリなどを駆使すると、お得度断然変わってきます。

 

スギポイントカードは必須!

 

スギ薬局で買い物をするなら、スギポイントカードは必須のアイテムです。(アプリを使うなら不要)

発行手数料は無料で、ポイントが100円毎に1ポイントたまります。つまり、これだけで還元率1%です。

スギ薬局のポイント倍デーやポイント5倍デーに買い物をすると、還元率はそれぞれ2%・5%になります。

 

クレジットカードなどのキャッシュレス支払でもらえるポイントと二重取りができるので、会員登録の手間はありますが、作った方が絶対にお得です。

ポイントカードを支払の時に持っていなくても、登録した電話番号を言うだけでポイント加算してくれるので、うっかり忘れても安心です。

というより、財布の中でかさばるポイントカードを持たないでも大丈夫ということです。

 

ポイントは、対象の店内商品やカタログ掲載商品、ANAマイルに移行することができます。(500ポイント→100マイル)

残念ながら商品の代金に充当することはできませんが、還元率1%~5%は見逃せませんね。

参考:スギ薬局公式サイト

 

スギ薬局アプリは使わないと損!

 

スギ薬局で買い物をする度に「クーポンはありませんか?」と聞かれ「ありません」と答えているなら相当損をしています。

筆者も「電子マネー+スギポイントカード」のみの時代が長かったのですが、アプリを使い始めてみて、それまでいかに損をしていたか思い知りました。

 

スギ薬局のアプリを入れると、次のようなクーポンがもらえます。

  • アプリ初回ダウンロードで10%オフクーポン
  • アプリ限定クーポン(スギともの日クーポン、特典付き単品クーポン、お誕生日クーポン)
  • 60歳以上の会員は毎月15・16・17日 Go!ハッピーデー 店頭表示価格(税込)より5%オフ
  • 25歳以下の会員 スゴスギ割U25 店頭表示価格(税込)より5%オフ

ちなみに60歳以上のGo!ハッピーデーの割引は、アプリがなくても使えるのですが、アプリなしの場合は年齢が確認できる身分証明書(運転免許証・健康保険証)とポイントカードの提示が必要です。

スギともの日は毎月第2、第4火曜日に開催されており、アプリに8%オフクーポンが配信されます。

お誕生日クーポンはお誕生月前月の末日までのアプリインストール・会員登録が必要です。

 

また、クーポンには割引対象外の商品(酒類・切手・カウンセリング商品など)もありますので注意が必要です。

割引対象外の商品リスト(公式ページ)

 

クーポン以外の次のようなメリットがあります。

  • ポイントカードの代わりとなり、100円(税込)購入毎に1ポイント付与
  • ポイント交換商品の検索と申込みが簡単
  • 会員限定のお得情報が届く
  • キャンペーン応募が簡単(レシートや切手不要)
  • マイ店舗登録するとデジタルチラシが定期的に配信

 

公式LINEでお友達になる

 

LINEのスギ薬局公式アカウントで友達になると、隔週で5%オフクーポンがもらえます。

お会計時にクーポンを見せると、支払う金額が5%オフになります。

 

アプリの1商品毎の割引クーポンと併用はできません。

また、カウセリング化粧品や酒類など、対象外の商品もあります。

 

日を選ばずに使えるので、好きなタイミングで買い物に行けない方も助かりますね。

 

スギグループカードを作るとポイント倍増

 

スギ薬局をよく利用するなら「スギグループカード」がおすすめです。

「スギグループカード」とは、クレジットカード機能がついたスギポイントカードのことです。

スギグループカードのメリットは、

  • 通常ポイントの+1倍ポイントがつく
  • 家族でポイントを合算できる

という点です。

スギグループカードでポイントをためると、「+1倍」ポイントがたまります。

つまり、通常は1%アップで2%分。ポイント5倍デーなら6%分、ポイントがたまっていく計算です。

 

プラスして、クレジットカードとしてのポイントもつき、ポイントの二重取りができます。

年会費は、1,375円(税込)ですが、初年度は無料、カードの利用があれば翌年も無料になるため、スギ薬局利用者なら実質無料で持てることになります。

カードの種類は、次の2種類から選択できます。

  • 三菱UFJニコス(NICOS)
    →1000円で1ポイント「わいわいプレゼント」ポイントがたまる
  • JCB
    →1000円で1ポイント「OkiDokiポイント」がたまる

スギグループカードで家族カードも作れますが、会員番号が同一となり、ポイントを家族で合算できるようになります。

ただし、同じ会員番号で利用できるアプリは1台分になる点には注意が必要です。

 

まとめ

 

スギ薬局では、さまざまなキャッシュレス手段に対応しているので、その時々にお得な決済方法で支払いをするとお得な買い物ができます。

プラスしてクーポンやアプリを駆使すると、支払手段を選ぶ以上のおトクさで買い物ができるので、ぜひ取り入れてみてください。