PayPayで家族カードは本人認証できない!?PayPayを家族・夫婦で共有する方法まとめ

PayPay家族や夫婦で共有して、家計の一元管理ができたら便利ですよね。

そう思って、PayPay残高にチャージできる唯一のクレジットカードであるYahoo!カードの家族カードをいざ作ろうとすると、家族カードは本人認証できず「しまった」と思っていませんか?

本人認証できないと、PayPayにはチャージできません。

この記事では、Yahoo!家族カードを使う以外で、PayPayを家族で共有して利用する方法と注意点をまとめてみました。

 



 

PayPayでは、Yahoo!家族カードは本人認証できない

 

クレジットカードからペイ残高にチャージするのは、キャッシュレス払いの王道の1つです。

PayPayでは、PayPay残高に唯一チャージできるのは、Yahoo!カードのみとなっています。

 

Yahoo!カードがあれば、3Dセキュアによる本人認証を経て、クレジットカードで支払う時の上限金額を上げられ、PayPay残高へのチャージができるようになります。

本人認証前のクレジットカード利用の上限は、過去30日で5,000円までなので、クレジットカードを利用して月5,000円以上のPayPay支払いをするのであれば、本人認証は必須です。

 

 

本人認証とは、引き落とし指定銀行が「なりすまし」によって不正に登録されていないか確かめるしくみで、クレジットカード会社では「本人認証」を推奨しています。

 

Yahoo!家族カードでPayPayチャージすれば、引き落とし銀行口座を1つにして一元管理ができるし、
家族がそれぞれのPayPayアカウントを持っているから、キャンペーンなどを最大限に利用できるんじゃない?

 

と思うかもしれません。

 

しかし、Yahoo!家族カードの残念なところは、家族カードでは本人認証ができないので、PayPay残高にチャージできないという観点でいうと「登録できないと同じ」になってしまいます。

ちなみに、PayPayチャージではなく、クレジットカード払いとして家族カードを利用することはできます。この場合は、本人認証ができないので、5,000円までの支払いのみとなります。

 

 

PayPayを家族・夫婦で共有する方法

 

PayPayを家族や夫婦で共有するやり方はいくつかあります。

それぞれに注意やデメリットなどがあるので、1つ1つ解説していきます。

 

家族(夫婦)それぞれYahoo!カードを作る

 

家族カードが認証できないなら、家族も本人名義でYahoo!カードを作る方法があります。

Yahoo!カードの審査基準は非公開ですが、学生や専業主婦(主夫)でも世帯主に安定した収入があり、クレジットカードヒストリーに問題がなければ審査に通ります。

 

引き落とし口座を1つにまとめることで、支出の管理・PayPay残高へのチャージができるようになります。

PayPayアカウントは、それぞれ個別に持つことになります。キャンペーンの恩恵をそれぞれ最大限に受けられるようになります。

 

本人認証できる他のクレジットカード(家族カード)を登録する

 

新しくカードを作りたくない、または新しいカードの到着が待てない時は、手持ちのクレジットカードを登録することができます。

Yahoo!家族カードでは本人認証はできませんが、他のクレジットカードなら本人認証できるものがありますね。

三井住友VISAカードも、家族カードで本人認証ができます。

 

クレジットカードを登録して利用すると、PayPay残高からではなく、普通のクレジットカード利用としてPayPayを使うことができます。

家族カードの引き落とし銀行が本人カードと同一であれば、支出の一元管理も可能です。

この場合は、PayPay残高にチャージする訳ではないので、PayPay残高払いによるポイント還元はありません

 

銀行口座を指定すれば、一元管理とPay残高払いによる還元ができる

 

家族分のPayPay支払いは、チャージ用に銀行口座を登録してPayPay払いをすれば、銀行口座で一元管理をすることはできます。

本人名義の銀行口座の登録が基本ですが、同姓の家族の名義であれば、引き落とし口座として登録することができます。

オートチャージを設定することも可能です。

 

引き落とし銀行口座は、60以上の金融機関から選択できますが、残念ながら「三菱UFJ銀行」の新規口座登録はできません。

 

銀行口座から直接チャージする方法は、PayPay残高から支払いをすることになるため、1%のポイント還元を受けられます

Yahoo!クレジットカードからのチャージによるTポイント還元特典がなくなっている現在、クレジットチャージと比較して、ポイント還元のメリットに変わりはありません

ただ、即時に銀行からお金が引き落とされるので、銀行口座の残高は気にしておく必要があります。

 

PayPayの送金機能を使えば、PayPayチャージのメリットが受けられる

 

 

PayPayには、「送金機能」があります。

PayPayをインストールして本人認証が済んだ端末の「携帯電話番号」または「PayPayID」を指定すれば、簡単に送金できます

 

 

PayPayIDとは、PayPayアカウント16桁の番号ではなく、自分で設定する半角英数小文字、記号3~15文字のIDのことです。

相手のPayPayは、クレジットカードや銀行口座の登録も不要なので、夫婦間のみならず、親が子どもにお小遣いなどを送金する時にも利用できます。

家族だけではなく、友達と飲み会やランチに行った時にワリカンする時にも使えますね。

 

メイン利用者が「クレジットチャージ→送金」という手間はかかってしまいますが、一元管理という意味でも、PayPay残高へのチャージ還元という意味でも、「送金機能」を使わない手はありません。

 

1つのアカウントを複数端末で使う方法

 

PayPay1アカウントにつき1台の端末が基本ですが、1つのYahoo!IDを家族分の複数端末で使うという方法があります。

PayPayをインストール時の初回ログインに、1台目で使ったYahoo!IDを使ってログインすることが必要です。

 

それぞれのPayPayの利用履歴、チャージ残高は、Yahoo!IDに紐ついて同期されるので、リアルタイムで一元管理ができます。

 

ただし、利用規約上はグレーゾーンです。

 

また、YahooメールやYahooショッピングも1つのYahoo!IDを家族や夫婦で共用することになるので、使い勝手が悪いと感じるかもしれません。

最大のデメリットは、随時行われるキャンペーンをフルで活用できないことです。

 

一人ひとりがPayPayアカウントを持っていれば、家族の人数分だけ恩恵を受けられますが、複数端末で1つのPayPayアカウントを共用すると、1アカウント分の上限しかキャンペーンの恩恵を受けることができません

 

家族がそれぞれPayPayアカウントをもっていた方が、家族内でトータルで受けられる恩恵を最大限に享受することができますね。

 

PayPay1アカウントを複数端末で設定する方法

  1. 1台目(メイン)の端末にPayPayをインストールし、Yahoo!IDでログイン
    →Yahoo!IDとPayPay端末が紐付く
  2. 2台目の端末にPayPayをインストール。1台目で使っているYahoo!IDでログインする
  3. 1台目に送られてくる認証コードで、2台目の端末を認証する

 

PayPay認証用のコードは、2台目自身の携帯電話番号を入力したとしても1台目で登録した端末に認証用コードが送られてくるので、1台目の端末は近くに置いておく必要があります。

Yahoo!IDが、不正に他端末で使われないための防止策ともいえますね。

 

PayPay画面のアカウント情報を見ると、1台目と2台目が同じ16桁のPayPay番号になっていることがわかります。

 

1つのYahoo!IDと2台の端末間でPayPay残高など、PayPay情報が同期されています。

これで家族や夫婦でPayPayを共用できます。

 

まとめ

 

PayPayを家族や夫婦で共有する方法はいくつかあります。

その中でも、PayPay残高払いによる還元をもできる方法は、

  • 家族毎にYahoo!カードを作ってそれぞれ登録する(銀行口座で一元管理)
  • PayPay送金機能を使う
  • 家族分は銀行からチャージする(銀行口座で一元管理)
  • 1アカウントを複数端末(家族分)で使う

という方法が挙げられます。

それぞれの事情に合わせた支払い方法で、PayPayをお得に使っていきましょう。